薄毛 原因

女性と男性では薄毛の原因は違う

知っている人も多いと思いますが、女性と男性では薄毛の原因が違います。

 

男性の薄毛の原因は男性ホルモンです。

 

男性ホルモンに含まれる"テストステロン"という物質が毛根に入ると、毛根は細胞分裂を止めてしまいます。

 

毛根は数年間かけて太くて健康な髪の毛に成長していくのですが、テストステロンによって細胞分裂が止まってしまうと、細い産毛の段階で成長が止まってしまうんです。

 

当然、細い産毛は弱くて抜けやすいのでどんどん髪の毛が薄くなっていきます。

 

 

一方、女性の薄毛の原因は老化やストレス・過度のヘアケア・出産などです。

 

特に女性ならではといえるのが出産が原因の薄毛ですね。

 

これは、妊娠による女性ホルモンの増加によって本来抜けるはずだった髪の毛が抜けずに残っていて、それが出産後に一気に抜けることで起こります。

 

普通は時間が経てば元の髪の毛の量に戻るのですが、たまにそのまま薄毛になってしまう場合があるんです。

 

それ以外にも育児によるストレスや睡眠不足が原因で薄毛になることもあります。

 

 

あと、過度のヘアケアも薄毛の原因になります。

 

女性にとって髪型はファッションの一部なので、頻繁に髪型を変えたり、髪の毛を染めたり、パーマをかけたり、といろいろといじることが多いですよね。

 

これが頭皮を痛めてしまい、薄毛の原因になるんです。

 

ただ、最近は男性の中でも過度のヘアケアによって薄毛になる人が増えてきているので、これは女性特有の薄毛の原因とは言えなくなってきているかもしれません。

 

 

そして、女性と男性では髪の毛の薄くなり方も違います。

 

男性は頭頂部か生え際から薄くなっていく場合がほとんどです。

 

それも局地的で、他の部分は大丈夫なのに頭頂部や生え際だけがっつり薄くなるのが特徴です。

 

 

一方、女性は頭頂部を中心に髪の毛全体が薄くなっていく場合がほとんどです。

 

全体的に薄くなるので、頭頂部が薄くなるというよりは髪の分け目が薄くなるというふうに見えます。